しらすのお魚ブログ(+α)

スーパーで働いているしらすが発信するブログ(ほぼ魚)

【春が旬】岡山名物『かきおこ(牡蠣のお好み焼き)』を作ってみた!

どうも、岡山県の無水牡蠣にハマっているしらすです!

今回は岡山名物『かきおこ(牡蠣のお好み焼き)』を作ってみました!

元々は漁師メシとして食べられていた『かきおこ』。

これが近所のお好み焼き屋さんで定番メニューとなり、今や岡山の地元メシになりつつあります。

そんな『かきおこ』を岡山県産の無水牡蠣を使って作ってみました!

今回は以下のサイトを参考にしています。
参考:ぷりぷり牡蠣の旨味たっぷりお好み焼き 作り方・レシピ | クラシル

今回使用する『岡山県の無水牡蠣』

f:id:sirasupapadon:20200313072734j:plain

相変わらず粒が大きくてプリンプリンしていますね!

岡山県の牡蠣はプライドフィッシュにも選ばれています!
www.umai-fish.com

牡蠣の前処理をする

f:id:sirasupapadon:20200313163120j:plain

まずは、牡蠣を優しくゆすいでいきます。

強引にやると、せっかくの身がつぶれてしまうので、優しく洗ってあげてくださいね。

f:id:sirasupapadon:20200313163408j:plain

水がある程度にごらなくなったら、料理酒に5分ほどつけておきます。

f:id:sirasupapadon:20200313074358j:plain

フライパンにサラダ油をひいて焼いていきます。

ここでは牡蠣の身がふっくらなるくらい、サッとでいいです。

焼き上がったらボールに戻します。

またこの時に牡蠣の出汁もでるので、捨てずにそのままとっておきます。(あとで生地にまぜます)

生地を作る

f:id:sirasupapadon:20200313162756j:plain

今回は日清のお好み焼き粉にお世話になります。

f:id:sirasupapadon:20200313165151j:plain

  • お好み焼き粉 100g
  • 水 100g
  • 卵 1個
  • 牡蠣の出汁

以上を混ぜます。

f:id:sirasupapadon:20200313170001j:plain

次に

  • キャベツ 80g(1/4個)
  • 天かす 30g
  • 刻み紅しょうが お好みで

を入れて、またまた混ぜます。

これでタネは完成!

お好み焼きを焼いていく!

f:id:sirasupapadon:20200313170246j:plain

フライパンに生地を流し込み、その上に牡蠣を置きます。

そのまま蓋をして、中火で5分、蒸し焼きにしていきます。

片面が焼けたらひっくり返し、もう片面も中火で5分、蒸し焼きにします。

f:id:sirasupapadon:20200313172822j:plain

焼き上がりはこんな感じです!

牡蠣の存在感もバッチリでメチャクチャ旨そー!!!

トッピングをして完成!

f:id:sirasupapadon:20200313175646j:plain

お皿に盛り付けてトッピングをします。

  • おたふくソース
  • マヨネーズ
  • かつお節
  • 刻みネギ
  • 紅しょうが

こいつらをお好みでぶっかけて完成!

いざ、実食!

f:id:sirasupapadon:20200313175728j:plain

いただきます!

f:id:sirasupapadon:20200313175729j:plain

ここに存在感のある牡蠣がおります。

では、牡蠣にかぶりつきます!


旨ッッッ!!!


牡蠣がお好み焼きの中でしっかり主張さていますね、

ソースとかマヨネーズで欠き消されると思ってたんですけど、全然そんなことない!

旨味がたっぷり詰まっている牡蠣とお好み焼き、ソースと様々なトッピングが絶妙に絡み合っています!( ゚Д゚)ウマー

結構しっかり焼いたんで、牡蠣も固くなってるかと思いきや、プリンプリンです。

食べる前に牡蠣汁飛びましたしね。

マジで最高でした!

まとめ:さすが岡山名物!『かきおこ』メチャ旨でした!

以上、『かきおこレポ』でした!

今回もメチャ旨でしたねー。

この季節の大粒の無水牡蠣だからこそできた一品ではないでしょうか。

パッと見は牡蠣が生地に埋もれているので、一体化しているのかと思いきや、全然そんなことない!

生地の中でしっかり主張して、味も絶妙に混ざりあっていました。

ソースと牡蠣って結構合うんですね。

あ、でもオイスターソースとかもあるし、相性もいいわけですよね。なるほど納得です!

1年の中で一番旨い牡蠣。

是非ともお好み焼きで試してみてはいかがでしょうか。