しらすのお魚ブログ(+α)

スーパーで働いているしらすが発信するブログ(ほぼ魚)

【冬~春が旬】岡山県産の牡蠣(かき)が大粒でぷりぷり♪栄養満点のスーパーフードです!

f:id:sirasupapadon:20200216233305p:plain

どうも、しらすです!

今回ご紹介するのは『岡山県産の牡蠣』です!

瀬戸内の牡蠣は冬~春にかけてが旬です。

そして、3月の中頃にその旬を終え、ぱたっと終了を迎えます。

大粒の牡蠣は旨みぎっしりで食べ応え抜群です!

特にシーズンを終える直前、2月中頃~3月中頃の牡蠣は大粒でプリプリ!

ということで、今回は『岡山県産の牡蠣』についてまとめていこうと思います!

まずは大粒の身を見てほしい

f:id:sirasupapadon:20200215195506j:plain

みて下さい!このきれいに陳列されている牡蠣を。

大粒で鮮度がいいからこそできる芸当ですよね。

f:id:sirasupapadon:20200215195530j:plain

手のひらに乗せるとその大きさが分かっていただけると思います。

f:id:sirasupapadon:20200215195557j:plain

身の部分のプリプリ感がたまりませんッッッ!!!

大切なことなのでもう一度言わせてください!

牡蠣はシーズン終了前の2月中旬~3月中旬が最も身が大きく旨みもギッシリなんです!

まさに食べるなら『今しかない』食材なんですよね!

こだわりの『無水かき』

今回紹介しているのは『無水かき』といわれるものです。

スーパーで見かける牡蠣は『注水かき』が多いと思います。

注水とは『水の中に浮いている牡蠣』のこと。

注水かきは、どうしても水分を体内に含んでしまうので、加熱すると小さくなってしまうんですよね。

ところが、この無水牡蠣は加熱しても縮みにくいです。

f:id:sirasupapadon:20200215203802j:plain

これが加熱前。

f:id:sirasupapadon:20200215204048j:plain

これが加熱後。

この画像は蒸す前と蒸した後の画像なんですが、どうですか?全然縮んでなくないですか?

これが無水かきの最大のメリットです。もうね、食べ応え抜群ですよ。

無水かきは『鮮度がいい』から出来るんです。

旨みぎっしりで尚かつ鮮度抜群って最高じゃないですか?

岡山県産の牡蠣はプライドフィッシュにも選定されています

岡山県産の牡蠣とは・・・

 岡山の漁師さんたちはそのために山に木を植えに行っています。昔広がっていたアマモの茂みや干潟を取り戻しています。一生懸命「かき」に美味しく育ってもらうために、動けないかきの気持ちになって育てているんです。
「岡山かき」を見つけたらぜひ味わってみてください。漁師自慢の「かき」です。
引用:
岡山かき|岡山県|全国のプライドフィッシュ|プライドフィッシュ

牡蠣は山からの栄養が大切なので、岡山の漁師さんたちは『山』の環境を整えに、漁師ながらも山へ登っているんですね!

そんな栄養をたっぷり吸い取っているんですから、そりゃ大粒にも成長するわけですよ!旨みもギッシリ詰まるわけです。

牡蠣は栄養の塊!

牡蠣は栄養の塊です。

ビタミンB1・B2・B12などのビタミン類、亜鉛・鉄などのミネラル、アミノ酸、タウリン、グリコーゲンなど様々な栄養を豊富に含んでいます。

ビタミンB1

ビタミンB1は糖をエネルギーに変えるサポートをします。

このため、ビタミンB1が不足すると、疲れやすくなったり、食欲不振になったりします。

ビタミンB2

ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

不足すると成長が妨げられたり、口内炎や口角炎など、皮膚や粘膜に異常が起こりやすくなります。

ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸と協力して、ヘモグロビンの生成を助ける働きがあります。

不足すると赤血球が減ったり、貧血になったりします。

亜鉛

亜鉛は味覚を正常に働かせるのに必要で、皮膚や粘膜を健康に保つのを助ける栄養素です。

不足すると味覚障害が起こると指摘されています。

鉄はヘモグロビンの主な成分で、呼吸で取り込んだ酸素を全身に運ぶという大切な役割を果たしています。

不足すると貧血になったり、酸欠になり、頭痛や疲れやすくなったりします。

アミノ酸

アミノ酸はタンパク質を形成する大切な栄養素です。

血液や筋肉などの体をつくる主要な成分であるとともに、酵素などの生命の維持に欠かせない多くの成分になります。

タウリン

タウリンはアミノ酸の一種です。

タウリンには体内の状態を一定に維持できるように調節する機能があります。

身体のバランスを戻すという働きによって、強い身体にする成分がタウリンです。

グリコーゲン

グリコーゲンとは、エネルギーを貯蔵し人間の活動に欠かせないものです。

普段は、肝臓や骨格筋等に蓄えられており、急激な運動を行う際のエネルギー源として、あるいは空腹時の血糖維持に利用されます。

参考:
タウリンについて| リポビタンD | 大正製薬
,
栄養成分百科 | グリコ,
グリコーゲン | 成分情報 | わかさの秘密

牡蠣の下ごしらえ方法

牡蠣はサッと洗ってから使うようにしましょう。

f:id:sirasupapadon:20200215203622j:plain

塩水で軽く洗うと汚れが出てきます。

f:id:sirasupapadon:20200215203644j:plain

水をかえて、数回優しく洗うとこれくらいキレイになります。

f:id:sirasupapadon:20200215203741j:plain

最後に水気を取って終わりです。(あくまでも優しく扱うようにしましょう)

料理用途も豊富です

f:id:sirasupapadon:20200215195932j:plain
※酒蒸しの画像

牡蠣は非常に料理用途が豊富なお魚です。

寒い時期ならお鍋にも使えますし、生食用を使ってしゃぶしゃぶなんてのも最高です。

あと、塩昆布とキャベツと炒めても旨いですし、甘辛く炒めて丼なんかもいかがでしょうか。

純粋に牡蠣の味を楽しみたいなら酒蒸しなんてのもおススメです。

海のミルクといわれる牡蠣の出汁なんて旨みぎっしりで最高にうまいですからね!

無水かきだったら尚さら食べ応え抜群なんで、最高のおかずになりますよ!

まとめ:今が旬の『岡山県産牡蠣(かき)』をぜひご賞味下さい!

以上、『岡山の牡蠣』についてでした!

2月、3月になってくると、瀬戸内の牡蠣は旨みぎっしり食べ応え抜群と、まさに食べごろ、旬のシーズンになってきます。

岡山県産の牡蠣なんて、本当に食べ応え抜群ですからね。

濃厚な旨みと口いっぱいに頬張る牡蠣は最高に旨いです。

また、料理用途も豊富ですからね。

鍋に炒め物、フライに丼など、どんな料理でも楽しめます。

シーズンが終わるとパッタリなくなってしまいます。

シーズン終わる前の今がまさに食べごろです。

スーパーで見かけたら是非『岡山の牡蠣』試してみてくださいね!!!