しらすのお魚ブログ(+α)

スーパーで働いているしらすが発信するブログ(ほぼ魚)

【冬から春が旬】旬がピークの岡山県産の牡蠣でカキフライを作ったら食べ応え抜群だった!

どうも、しらすです!

牡蠣が旬のピークを迎えています。

3月のカキは一年のなかで最も大きな粒になり、旨味ぎっしりのプルンプルンのカキになります。

今回はそんなカキで『カキフライ』を作ってみました!

ただでさえ大きなカキが、さらに食べ応え抜群の大きなカキフライになりましたよ!

今回使用するのは岡山県の無水カキ

f:id:sirasupapadon:20200226042413j:plain

見てください、このカキ!

大粒でプルンプルン!メチャクチャ旨そうでしょ?

前処理していく

f:id:sirasupapadon:20200226132624j:plain

まずは塩水で優しく洗っていきます。

軽くすすぐだけでも、これくらい汚れが出てくるので、しっかり洗いましょう。

f:id:sirasupapadon:20200226132731j:plain

数回すすぐとこれくらいキレイになります。

身が柔らかいので、優しく扱いましょう。

f:id:sirasupapadon:20200226042949j:plain

キッチンペーパーで水分をとっていきます。

f:id:sirasupapadon:20200226133149j:plain

前処理が終わったら、料理酒に5分ほどつけておきます。

衣をつける

f:id:sirasupapadon:20200229061136j:plain

小麦粉→卵→パン粉の順につけます。

f:id:sirasupapadon:20200229064813j:plain

全部つけるとこんな感じになります。

衣をまとってカキが一回り大きくなっているような・・・。

揚げる!

f:id:sirasupapadon:20200229155748j:plain

あとは180℃に熱した脂で揚げるのみ!

3分ほど揚げていきます。


カキフライ

かなりいい感じ!

メチャクチャ旨そう!!!

完成!

f:id:sirasupapadon:20200229070536j:plain

こんがりとキレイに揚がりました!

衣をまとって、脂も吸って、ただでさえ大きなカキがさらに大きくなりました!

f:id:sirasupapadon:20200229161721j:plain

お皿に盛り付けるとこんな感じ!

f:id:sirasupapadon:20200229160943j:plain

食べ応えありそう!!!

いざ、実食!

f:id:sirasupapadon:20200226140932j:plain

タルタルソースをつけていただきます!

カキの独特の風味がたまらない!

さくさくの衣とフワフワのカキ。最高です!

またタルタルソースとの相性が抜群なんですよね!

カキが大きいので、貝柱もしっかり歯応えがあります。

噛めば噛むほど味が出て、旬のカキの旨味が口のなか全体に広がりました、

まとめ:旬のカキフライは食べ応え抜群で旨い!

以上、『旬のカキフライレポ』でした!

旬のピークで、粒の大きなカキ。

そんなカキでカキフライを作ると、とてつもなく大粒のカキフライができました!

旨味ぎっしりで食べ応えも抜群です!

カキのシーズンはいきなり終わるので、食べるならまさに今!

旬の旨いカキ、カキフライを今のチャンスにぜひぜひお試しくださいねー!