しらすの魚屋ブログ

スーパーの魚屋しらすが発信する魚の情報ブログ

【春が旬】さわらは食べ方も豊富!旬をむかえた香川県産のさわら(鰆)が旨い!

f:id:sirasupapadon:20190718202738j:plain

魚へんに春と書いて【鰆(さわら)】!

香川県のさわらは春に旬を迎えます。旬を迎えたさわらは脂も程よく乗っていて、身もしまっています。

春になると、スーパーで見かけることも多くなってくる【鰆(さわら)】。

今回は、そんな香川県産のさわらについてまとめていこうと思います。

香川県産のさわら

讃岐に春を告げる魚として香川県で愛されているサワラ。
サワラは4月から5月にかけて産卵のために太平洋から瀬戸内海に入ります。
産卵は5月から6月で、生まれた稚魚は11月頃まで瀬戸内海で成長し、また太平洋へ旅立っていきます。
そして翌春、再び瀬戸内海に産卵のために帰ってきます。
参考:讃岐のサワラ|香川県|全国のプライドフィッシュ|プライドフィッシュ


1年間、外海の荒波でもまれるさわら。厳しい環境で大きくなって、また産卵のために里帰りしてくるんですね。

香川のさわらは漁獲量も一時はかなり減ったようですが、漁協組合のみなさんの努力の結果、近年ではその数もかなり増えている様子。

さわらが安く買えるのも、こういった地元の方々の努力の賜物。魚屋としては感謝しかありませんね。

さわらの選び方

f:id:sirasupapadon:20190514163255j:plain
さわらは痛みやすい魚なので、しっかりと見極めていきましょう。

身が透き通っている

さわらは白っぽくなっているものよりも、身が透き通っているものを選びましょう。

血合いの色がきれい

さわらの血合いは変色しやすくなっています。

茶色くなっているものは避けて、赤いものを選びましょう。

刺身や炙りが商品として出ている

f:id:sirasupapadon:20190514163324j:plain
さわらの炙り

さわらは切り身で売っていることが多いですが、鮮度のいいものは刺身や炙りで食べることができます。

鮮度に自信のあるスーパーでは刺身や炙りで出ていることがあるので、刺身売場にさわらがあれば、そのスーパーのさわらの鮮度は抜群にいいと思います。

さわらは料理用途が豊富

f:id:sirasupapadon:20190514163425j:plain
さわらは癖のない魚として有名なので、料理用途が豊富です。

塩焼き・照焼き・味噌焼き・煮付け・天ぷら・フライなどなど、色んな料理にトライしてみてはいかがでしょうか。

また、骨が少ない魚なので、小さいお子さんが食べるのにも持ってこいです。

春のさわらは真子や白子も旨い

さわらは切身とは別に『真子(卵)』や『白子(精巣)』も旨いです。

真子は煮付けに、白子は白子ポン酢、天ぷら、すまし汁、焼き物でも旨いです。

真子や白子は切身と比べると、さらに安く売られていることが多いので、もし見かけたら是非チャレンジしてみてくださいね。

さわらの買い時はいつ?

これはスーパーにもよりますが、相場が下がった時で『1切150円~200円』くらい。

厚切り(1切120gカットくらい)の場合は『1切220円~250円』くらいが買い時です。

春になってくると、急にさわらが安くなることがあるので、ぜひとも買い物に行った時はチェックしてみてください。

まとめ:香川県産のさわらは鮮度抜群で安くて旨い!

  • さわらは傷みやすいので買う時はよく見る
  • さわらの刺身が出ているスーパーのさわらは鮮度抜群
  • さわらは癖がなく食べやすい
  • さわらは料理用途が豊富
  • 真子や白子も旨い
  • 相場が下がった時が狙い目

春に旬を迎える『さわら』。

香川県産のさわらは本当に『新鮮で、安くて、旨い』です。

料理用途も豊富なので、スーパーに立ち寄った際にはぜひともチェックしてみてくださいね!