しらすのお魚ブログ(+α)

スーパーで働いているしらすが発信するブログ(ほぼ魚)

【あじ短冊をおいしく食べるための方法】和歌山県産の真アジが豊漁!メチャ安なので刺身で食べました!

f:id:sirasupapadon:20191212235821j:plain

どうも、スーパーの魚屋しらすです!

今回のお魚は『真あじ』です。

あじの旬といえば春なんですけれども、和歌山で季節外れに豊漁だったようです。

しかもこのアジ、身厚で食べ応え抜群。脂ノリもちょうどイイ。鮮度まで最高の真あじでした!

今回はあじを短冊で購入

本当は丸魚で購入したかったんですけど、今回は短冊(刺身の切る前の状態)で購入しました。

f:id:sirasupapadon:20191210233917j:plain
※本来購入したかった形

同じ系列のスーパーなので丸魚のままで売ってるかと思いきや、すでに売場に真あじの姿はなし・・・。

『なんでやぁぁぁ!!!』と憤りつつも、買い物していると目的の真あじが短冊状で売られていました。

アジなどの青魚は足が早いので、本当は家で捌きたかったのですが、『この際仕方ない』と短冊で買って帰って、そのままお刺身で食べることにしました。

あぁ、本当は塩焼きもしたかった。あぁ、残念無念・・・。

アジを短冊で買ったときに美味しく食べる方法

ということで、『あじ短冊』を買って帰ったわけなのですが、美味しく食べるためのポイントをご紹介しましょう。

塩水でしっかり洗う

アジなどの青魚は、先程も申し上げた通り、足が早いお魚です。

短冊状になっていると『そのまま切って食べる』こともできますが、そのままだと臭みが勝ってしまって美味しくない場合があります。

そこで、アジの臭みを取るために『塩水で洗うこと』をおすすめします。

方法は簡単!

  1. まず、ボールに塩を入れて、そこに水を入れます。
  2. 水をかき混ぜて、塩水を作ります。(濃度は海水くらい)
  3. 塩水の中で、『あじ短冊』をしっかり洗います。洗っているとアジの色が光輝いてきます。

あとは水分を拭き取って、お好みサイズに切っていくだけになります。

ほんの一手間ですが、これだけで見違えるように旨くなりますよ!

切った後に冷蔵庫で冷やし込む

切った後にもう一手間。

冷蔵庫で30分ほど冷やし込んで、あじ刺身自体の温度をしっかりと下げておきましょう。

刺身って、冷やしこむだけでメチャクチャ美味しく感じます。

しかも、たった冷やすだけなのに血合いの色が鮮やかな赤色に変わっていくので、見た目にも美味しいアジのお刺身になります。

f:id:sirasupapadon:20191212235821j:plain
※血合の色に注目!キレイでしょ~~~

薬味をたっぷり添えると尚良し

今回、僕が大チョンボを犯したのはここ。

薬味買うの忘れてた・・・。

アジって『ねぎ』との相性がメチャクチャいいんですよね!

おすすめの食べ方は『のっけ盛り』!

  1. スライスした玉ねぎ(辛ければ30秒ほどレンチン)を準備します。
  2. その上にアジの刺身をのっけます。
  3. 最後に上から青ネギを『これでもか!』ってほど乗せます。
  4. 最後にポン酢をぶっかけて完成!

ちなみにおすすめのポン酢は『馬路村のポン酢』です。
ちょっと値は張りますがメチャ旨ですよ!

ああ、本当に薬味を買い忘れたことを心の底から後悔している。(ちなみにわさび醤油でもメチャ旨だった)

まとめ:季節外れでも旨いもんは旨い!

ということで、今回は『季節外れの真あじ』についてでした!

季節外れでも旨いもんは本当に旨いです。(これが魚屋の面白い所)

『大型で、脂のってて、鮮度よくて』三拍子そろった、まるでイチロー選手のようなアジでした!(走攻守揃ってるという意味)そら旨いわけだわ。

今回は短冊で購入しましたけど、こうやって一手間加えるだけで、まるで卸し立て!のようなメチャ旨のアジを味わえることができます。

味がイイだけあって『鯵(アジ)』という名前がついたとまで言われるアジ。

見かけたら是非是非食べてみてくださいね!

ちなみに今回のアジの買値は200円です。安い!

季節問わず、安いとき(旨そうなとき)にはチャレンジしてみてくださーい!