しらすの魚屋ブログ

スーパーの魚屋しらすが発信する魚の情報ブログ

【春が旬】赤かれいの煮付けがメチャクチャ旨かった!

どうも、スーパーの魚屋しらすです!

先日、こんな記事を書きました。
www.umai-fish.com

『福井県で赤かれいが豊漁でお買い得ですよ!』という記事です。

この記事を書いていて『やば、赤かれい食べたい。』って気持ちが湧いてきたので、早速赤かれいを買ってきて煮つけにしました。

控え目に言って『メチャクチャ旨い』です。

しかも簡単にできるので、お手軽にお買い得に、旬の味を味わってほしいと思います。

ちなみにレシピはこちらの参考にしました。
www.hotpepper.jp

今回使用したのは『福井県産の赤かれい』

f:id:sirasupapadon:20200211124900j:plain

今回使用したのは福井県産の400gサイズの赤かれいです。

1尾を2切でちょうど1人前になるサイズですね。

調理する前に塩と酒で洗って、臭み取りをしました。

調味料を煮立たせる

f:id:sirasupapadon:20200211124933j:plain
次に調味料を煮立たせます。

  • 水50g
  • しょう油50g
  • みりん50g
  • 砂糖30g
  • 酒15g

調味料が煮立ったらかれいを入れる

f:id:sirasupapadon:20200211125004j:plain

調味料が煮立ったら、そこに赤かれいを入れていきます。

アルミホイルで落し蓋をする

f:id:sirasupapadon:20200211221151j:plain

フライパンを覆うくらいの大きさのアルミホイルで落し蓋をします。

吹きこぼれないように、アルミホイルの中央をバッテンに切っています。

フライパンに蓋をする

f:id:sirasupapadon:20200211221220j:plain

火を弱火~弱中火にして、フライパンに蓋をします。

吹きこぼれないように、蓋は少しずらしておきます。

5,6分煮付ける

f:id:sirasupapadon:20200211221249j:plain

5,6分煮付けるとこんな状態になります。

いい色ですね!!!

そこからさらにスプーンで煮汁をかけながらかれいの表面に照りを出します。

皿に盛り付けて完成!

f:id:sirasupapadon:20200211221349j:plain

じゃーん!完成です!!

皿に盛り付けた後に、煮汁をかけて完成です!

どうですか?美味しそうでしょ?

ご飯と一緒にいただきます!

f:id:sirasupapadon:20200211221412j:plain

甘辛い煮汁がご飯と合う!

ホクホクの卵もご飯と絡んで最高ですね!

ちなみにかれいは縁側にたくさんの骨があるので、お子様やお年寄りが食べる際には縁側付近に注意してあげて下さいね。

まとめ:旬の赤かれいを煮付けにして食べよう!

以上、赤かれいの煮付けレポでした!

改めて作ってみて『メチャクチャ簡単やな!』という印象でした。

しかも、ご飯と合う!

甘辛いタレがご飯と絡みあって、メチャクチャご飯が進むんですよね!

赤かれいはクセの少ない白身の魚ですし、本当に食べやすい魚です。

一つ注意点をあげるとすれば、縁側付近に骨がたくさんあることですね。

お年寄り、お子さんにあげるときはここだけに注意して食べさせてあげてください。

これからスーパーなどで見かけることが多くなる『赤かれい』。

旬は3月、4月あたりです。

子持ちかどうかも大切なポイント!

お買い得な時はぜひぜひチャレンジしてみてくださいね!