超おさかな日和(+たまに肉)

スーパーで魚屋をしている しらす のブログ

【春~秋が旬】長崎県産のするめいかでフルコースを作る!(ゲソ焼き編)

どうも、しらすです!

この記事は『1杯のスルメイカからフルコースを作る』という連載ものになっています。

ということで、今回はスルメイカ一杯から、

  • 刺身
  • 塩辛
  • イカ焼き

を作って食べてみました。

第1話では刺身を作って食べました。
www.umai-fish.com

第2話は『塩辛』に初挑戦!
www.umai-fish.com

今回は第3話、『ゲソのイカ焼き』を作っていこうと思います。

さばかれた『長崎県のスルメイカ』

f:id:sirasupapadon:20200410234532j:plain

完全にバラバラになって皮も剥がれています。

完全体は第一話にのっているので、そちらをどうぞ。

この中から今回はゲソを使っていきます!

ゲソを漬ける

f:id:sirasupapadon:20200410234557j:plain

ジップロックに調味料とゲソを入れて味を染み込ませます。

調味料

  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • チューブしょうが 3cm

配合はクラシルさんを参考にしています。

このまま一晩ほど寝かせておきます。

ゲソを焼いていく!

f:id:sirasupapadon:20200410234621j:plain

フライパンにクックパーを敷いて、弱火でフライパンを温めます。

そこにゲソと漬けダレを入れて焼いていきます。

イカは加熱しすぎると固くなるので、焼きすぎないように注意してくださいね。

f:id:sirasupapadon:20200410234644j:plain

器に盛り付けて完成!

これを盛り付けというかどうかは知りません(笑)

いざ、実食!

このままだと食べにくいので、キッチンバサミで食べやすく切っていただきます!

箸で持ち上げたときのプルプル感がたまりませんな!

うん、これは、


メチャクチャ旨い!


甘辛く仕上がったイカ焼きはメシがメチャクチャ進む!

あと、焼き加減が最高ですね!

今回は、お刺身でもいける鮮度のいいイカを使ってます。

なので、『多少火が通ってなくても大丈夫か』くらいの気持ちで焼きました。

それがよかったみたいで、固すぎず柔らかすぎずの最高の食感が完成しました!

これ、ぜひ胴体と一緒に食べてみたいな…。

それぐらい最高に旨い一品でした!ごちそうさまでした!

まとめ:イカ焼きは簡単でしかも旨い!

以上、『ゲソのイカ焼きレポ』でした!

今回はイカのフルコース三品目の『イカ焼き』でしたけど、最高に旨かったですね~!

思ってるより5割増くらい旨かったです!

甘辛加減が最高で米がまぁ進む進む♪

米のワンバン食べがおすすめです。

タレがついた米がまた旨いの何のって!

タレに漬け込んで軽く焼くだけの料理でここまで感動するとは思いませんでした!

本当に旨いので、ぜひともお試し下さい!

ちなみに『イカのフルコース』は以下の記事にまとめています。

第一段『刺身編』
www.umai-fish.com

第二段『塩辛編』
www.umai-fish.com

合わせて読んでもらえると嬉しいです!