超おさかな日和(+たまに肉)

スーパーで魚屋をしている しらす のブログ

【秋~春が旬】宮城県産のなめたかれいを煮付けたらフワフワして幸せな旨さだった!

どうも、しらすです!

今年はかれいが非常に安くてお買い得です。

赤カレイ、水かれい、えてかれいなどなど、どのかれいをとってみてもメチャクチャ安いです。

普段は高級魚である『なめたかれい』も例外ではありません。

いつもは余裕で1kg1,000円を超えてくるこのお魚が、1,000円を下回っています。

僕が勤めているような一般のスーパーでは、高級すぎて見かけることすら少ないこの魚ですが、今年は普通に仕入れることができます。

ここまで安くなると食べるチャンス( ̄ー+ ̄)

ということで、旬のなめたかれいを煮付けにして食べてみようと思います!

もちろん初体験です(*‘ω‘ *)

今回使用する『宮城県産のなめたかれい』

f:id:sirasupapadon:20200426122415j:plain

はい、切り身状のものを買ってきました。

ちょっと家でさばく勇気がわかなかった…。

というのもこのなめたかれい。

表面メッチャぬるぬるなんですよね~!

もう職権乱用して、さばいてから買って帰っちゃえ!ということで、切身にして買って帰ってきました。

ちなみに画像の2切で1尾の半分ほど。

1尾を4切カットして、そのうちの2切れを買ってきました。

下処理をしていく

表面がヌメヌメしていたらタワシで軽くこすります。

ただ軽くこすった適度では、ヌメヌメがとれません。

なので、ザルにあけて熱湯をかけていきます。

火傷にはくれぐれも注意してくださいね!

ちなみに画像は撮り忘れました(笑)

煮付ける

f:id:sirasupapadon:20200426122436j:plain

  • 醤油 大さじ3
  • みりん 大さじ3
  • 砂糖 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • 水 100ml

を煮立たせていきます。

バレているかもしれませんが、煮付けの調味料の割合はどの魚でもいつも同じです(笑)

f:id:sirasupapadon:20200426122459j:plain

煮立ったら、下処理したなめたかれいを投入!

今回はかれいだけですが、白ネギなんかを入れてもメチャ旨です。

f:id:sirasupapadon:20200426122524j:plain

アルミホイルの真ん中に切れ目を入れて、落し蓋にし、

f:id:sirasupapadon:20200426122546j:plain

蓋をしていきます!

f:id:sirasupapadon:20200426122615j:plain

5分~10分煮付ければ完成です!

f:id:sirasupapadon:20200426122638j:plain

照りがなんとも旨そう(照)

いざ、実食!

それではいただきます!

皮が全く気にならないくらいお箸がスッと入っていきますね!

一口分すくって、パクッと食べると…


フワ旨~(〃▽〃)


正直ね、なめたかれいってヌメヌメしてて『こんなもん旨いんかよ』って思ってたんですよ。

いや、これはね、かれい史上最ッ高に旨いですね!

甘辛いタレとフワフワの身がマッチしてメチャクチャご飯がすすみます!

クセも全然ないし、骨も少ないので食べやすいです!

大人はもちろん子供も食べやすいお魚ですね。

高級魚たる所以が分かった気がします!

またいつか子持ちの最高級なめたかれいも食べてみたいな~♪

とても幸せな気持ちになるお魚でした!ごちそうさまでした!

まとめ:絶対食べてみて欲しいお魚です!

以上、『なめたかれいの煮付けレポ』でした!

今回初めてなめたかれいを食べてみたんですけど、想像を遥かに上回る旨さでしたね!

フワフワした身質に、癖のない食べやすい味。骨も少なくて、甘辛いタレと最高にマッチする。

まさに煮付けのために生まれてきた魚といっても過言ではないと思います。それぐらい旨い!

唯一の欠点は表面のヌメヌメくらいですかね。

まぁこれもスーパーとかで調理を頼めば処理してくれますし、問題なしですね。

どこかで見かけたら、ぜひ一度食べてみて下さい!

マジで感動しますよ!